平々凡々な食卓 - でもぼくにとっては世界一のごちそう

yukikoa2.exblog.jp ブログトップ

イワシ鯨の鹿の子


 さて,本日はまず平々凡々な食卓にのぼらないものをご紹介致します.


 昭和という時代を知っている方々は,かつてそれなりにみなさん食べたのではないでしょうか?

 鯨の刺身です.

 わたしの父親が,某デパートで買ってきたおみやげです.

 このご時世,鯨の肉はなかなか手に入れることができないものです.かつてはプロレタリアートの食べ物でしたが,現在はどちらかというとブルジョアジーの食べ物といえるでしょう.

 しかも・・・

a0146065_2384382.jpg


 「鹿の子」と呼ばれる部分です.これだけの量で840円です.

 それもそのはず,「鹿の子」はアゴを覆っている部分で,アゴの付け根の部分(鹿の子状の部分)であり,「尾の身」,「脂すのこ」と並んで三大高級部位のひとつに数えられるそうです.

 これは,昭和という時代においても,高級だったのかもしれません.わたしは,子供の頃によく鯨の肉を食べましたが,鹿の子は食べた記憶がありません.


 さて,そんな鹿の子ですが,よく見て下さい.

a0146065_2392123.jpg



a0146065_23101831.jpg


 脂肪の中に赤い肉が点々と散らばっていて見た目もきれいです。

 ものすごく絵になる食材です.


 よく,グルメ番組などでみる視点で鹿の子を見てみましょうか・・・

a0146065_23105816.jpg


 ・・・ちょっとピンぼけなんですが,気にしないでくだちい.

 おいしそうでしょ?

 ワサビ醤油でいただきました.

 鹿の子は,基本的には脂の載った部分ですが,お口でとろける様な味わいでは無く、よく噛んで旨味を味わうもののようです。噛んでいると,かすかに鯨の肉の香りがします.この鯨独特の香りが,実になつかしいです.子供のころを思い出します.

 といいつつも,実は先日に鯨のハリハリ鍋を食べました.この1週間で鯨を2回も食べることができたとは,なんとも贅沢なはなしです.昭和を知るものにとっては,なつかしい食べ物の筆頭といえるかもしれません. 
[PR]
by athemus99 | 2010-01-04 23:14 | おみやげ
line

 徒然日記.主に,料理やグルメについて書こうと思っていますが,たびたび脱線するかも・・・


by athemus99
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
AX ASPアクセス解析
アクセス?ヘ
レンタル掲示板