平々凡々な食卓 - でもぼくにとっては世界一のごちそう

yukikoa2.exblog.jp ブログトップ

タグ:おすすめ度:★★★ / おもしろさ:★☆☆ ( 40 ) タグの人気記事

ホタルイカの刺身・・・いつものじゃないよ.


 2010年4月17日


 今日は,所用で高槻市に行っていました.


 夕方,帰宅すると父親が台所に立っていました.

 何でも,近所の魚屋でホタルイカの刺身を購入したので,下ごしらえしているのだといいます.

 ようするに,食感の悪い目をとりのぞく作業です.


 で,どんなものか見せてもらいました.

 「!!!」

a0146065_218148.jpg


 いわゆる,よく見かけるボイル・ホタルイカではなく,完全に生のホタルイカの刺身です.

 大阪では,なかなか見かけることがないかもしれません.

 これを食するのは,何年ぶりだろうという一品です.


 ワサビ醤油でたべると・・・

 中のワタが,この上なく濃厚で・・・おいしい!


 それにしても,これを見ると盛りつけ方にも性格(几帳面さ)が出るなとつくづく思います.
[PR]
by athemus99 | 2010-04-17 21:11 | 食材

スンドゥプ・チゲ


 4月16日.スンドゥプ・チゲを作りました.

 先週(4月9日)にも,同じようなものを作っていますが,今回はより本格的です.

 というのも,材料におぼろ豆腐(すなわち,スンドゥプ)を使っています.

a0146065_135465.jpg



 以下のサイトを参考に,作ってみました.

    みんなの今日の料理:スンドゥプチゲ 


 上述のサイトで紹介されているレシピと違う点は,

  1.鶴橋で購入した特製ヤンニョンを使っていること.

  2.仕上げに,ごま油を入れていること.

  3.2種類のキムチを使用していること.

 
 家族の評判も,前回より上々でした.
[PR]
by athemus99 | 2010-04-17 01:05 | 料理

春の味覚 - かますご

 ついに春がやってきました!

 花粉症持ちのわたしとしては辛い季節でもあるのですが,そんなことはどうでもいいです.

 春の味覚で魚といえば,「かますご」です(あくまで,わたし的にはですが・・・)!

a0146065_2221239.jpg


 昔は安かったからなのか,子どもの頃にはよく食べました.ここ何年かご無沙汰にしていましたが,子どものころを思いだして無性に食べたくなりました.ちょうど,焼き肉用の石製プレートを入手したことですし,いい機会です.

 石製のプレートで,軽く焦げ目がつくまで焼いて,ポン酢をつけて食べます.

a0146065_22221021.jpg


 おいしい!おいしすぎる!
 まさに春の味覚です.

 ところで,このカマスゴの正式名称はイカナゴといいます.今日の今日まで,カマスゴ = イカナゴ = カマスの稚魚かと思っていましたが,イカナゴとカマスは全く違うのですね.一応,カマスに似ているから,カマスゴと呼ぶらしいのですが・・・.
[PR]
by athemus99 | 2010-03-16 22:23 | 料理

これはいい - オーサトの「昔ながらの納豆屋さん」


 最近,お気に入りの納豆を見つけました.オーサトの「昔ながらの納豆屋さん」です.

a0146065_1513882.jpg



a0146065_15134930.jpg


 関西でよく売られている納豆よりはやや大粒で,確かな歯ごたえがあります.味も,わたし好みです.ネーミングもよしですね.価格は,わたしが購入するお店では103円で売られています.安売りで売られている納豆が80円程度ですから,やや高いと言えるかも知れません.しかし,このぐらいの値段の差であるならば,「昔ながらの納豆屋さん」を選びたいところです.ほんとうに,やみつきになりそうです.


 「昔ながらの納豆屋さん」と関西では一般に売られているもの:二つの商品を比べてみましょう.左が「昔ながらの納豆屋さん」で,右が近所にある多くのスーパーでよく取り扱っている商品です.

a0146065_15151688.jpg


 「昔ながらの納豆屋さん」の方が,やや粒が大きいのがわかります.


 ちなみに,家から少し離れた一軒のお店(スーパー)以外に,この商品を扱っている店を見たことがありません.つまり,この納豆を買うためには,ちょっと時間をかけてスーパーに行かなければなりません.が,その価値は十分にあります.
[PR]
by athemus99 | 2010-03-14 15:23 | 惣菜・おかず

オムピラフ・デミグラスソースがけ


 先日紹介したオムピラフの,ビーフシチュー・バージョンです.

a0146065_13405855.jpg


 今回,ビーフシチューを作りにあたって,普段用いるブーケガルニとローレル,コショウの他に,クミン・シードとナツメグを加えてみました.クミン・シードは,ビーフシチュー(デミグラス・ソース)との相性も抜群だということがわかりました.鍋一杯のシチューに,大さじ1杯のクミン・シードを加えました.ルゥは,ハッシュドビーフ系のものと,ビーフシチュー系のものの2種類を使っています.

 肉は,一般のブロック肉を使わず,焼いていない状態のハンバーグを肉屋で購入したものを使っています.ハンバーグのたねを,小さくちぎって表面を軽く焼いて煮込みました.一般の肉のかわりにハンバーグやミンチを使うのも,わたしは好きです.デミグラス・ソースとハンバーグの相性は,保証されています.

 卵との相性は,正直ポタージュよりもこちらのほうがよいかと思います.どちらも捨てがたいのですが・・・.
[PR]
by athemus99 | 2010-01-24 13:43 | 料理

オリジナル麻婆豆腐 I

 さて,昨晩は麻婆豆腐を作りました.完全に創作麻婆豆腐です.

 ・・・いや,それは言い過ぎかも(笑).

a0146065_21592420.jpg


 ちなみに,見た目ほどは辛くありません.


 今回は,先日鶴橋で購入したアミエビの塩辛とヤンニョンの韓国食材に加えて,トンコツスープをベースに用いることを思いつきました.トンコツスープは,グリコの麺好亭シリーズのトンコツスープの素を使用.普通の麻婆豆腐の味に,さらにコクと深みが加わります.

a0146065_2204832.jpg


 中央の小皿の中身は,ヤンニョンと甜麺醤をあわせたもの(日本酒で少し引き延ばしています).


[材料]

01. 水:550cc →A
02. 日本酒:50cc →A
03. 麺好亭トンコツスープのもと:2袋 →B
04. 八角:極微量(量を入れすぎると,八角の香りがきつくなります) →B
05. オイスターソース:適量 →B
06. アミエビの塩辛:大さじ1 →C
07. すりおろしニンニク:適量 →C
08. すりおろししょうが:適量 →C
09. ヤンニョン:大さじ3 →D
10. 甜麺醤:大さじ2 →D
11. 木綿豆腐(角切りにする):2丁
12. 豚挽肉:200g
13. 刻みネギ:適量
14. ごま油:適量
15. 韓国とうがらし(細引き):適量
16. 水溶き片栗粉:適量


[作り方]

01. 鍋にAを入れ,沸騰させる.

02. さらにBを加えて,数分煮る.これがスープのベースになる(→E)

03. フライパンに油をしき,Cを加えて炒める.

04. さらに,豚挽肉を加えて炒める.

05. 豚挽肉に火がとおったら,Dを入れて軽くいためる.

06. フライパンに,Eをあわせてしばらく煮る(この際に,とうがらしを適量投入).

07. 角切りにした豆腐を投入して軽く煮る

08. 水溶き片栗粉でとろみをつける.

09. ごま油を加えて,お皿にもりつけて完成.
[PR]
by athemus99 | 2010-01-17 22:04 | 料理(レシピあり)

ホルモンミックスのトンコツ煮込み


 本日は,ホルモンミックス(切れ込み)のトンコツスープ煮込みを作ってみました.


[材料]

 こちらが材料の数々です.

a0146065_22575252.jpg


   ・ホルモン:400g
   ・豆腐(木綿):1丁
   ・トンコツスープの元:適量(2袋)
   ・ネギ:1本
   ・ニンニク:1片
   ・生姜:1片
   ・水:550cc
   ・酒:150cc


 ホルモンは・・・

a0146065_22544731.jpg


 あのダウンタウンの友人の店として知られる山里食肉店(尼崎駅前)で,切れ込みとよばれるホルモンミックスを購入.100g / 100円.

 それで・・・

a0146065_22583754.jpg


 こちらがホルモンミックス400g.

a0146065_22585816.jpg


 ホルモンミックスには2種類入っています.白い方が小腸で赤い方が肺です.

a0146065_22591642.jpg


 トンコツスープは,作れようはずもないので市販のトンコツスープの元を使います.グリコの麺好亭を使っています.1袋でおよそ300ccのスープが作れます.


[作り方]

 1.ニンニクと生姜はすり下ろしておく.ネギはきざんでおく.

 2.鍋に水をいれて沸かし,トンコツスープの元を溶かしておく.

 3.フライパンをあたため,油をいれてニンニクと生姜をいれる.

 4.すぐに,ホルモンミックスを投入.

a0146065_231219.jpg


 5.表面に火が通ったら,日本酒を加えて一煮立ちさせる.

a0146065_2314526.jpg


 6.5を2のスープのなかに投入し,ふたをして30分以上弱火で煮込む.

a0146065_232126.jpg


 7.6にさいの目切りにした豆腐を入れ,少しだけ弱火で煮る.

 8.お皿にもりつけて完成.七味や山椒が合います.

a0146065_2351299.jpg

[PR]
by athemus99 | 2009-12-19 23:15 | 料理(レシピあり)

鳥取県発のとても濃厚なコーヒー牛乳「白バラコーヒー」


 白バラコーヒーを飲んでみた.


 本日は,誕生日の昼食後に友人のBさんとRさんのすすめで,白バラコーヒーをごちそうになりました.彼らの説明によると,白バラコーヒーは大変濃厚な味のするコーヒー牛乳であるといいます.

 で,試してみました.


a0146065_1431393.jpg



 これが白バラ牛乳なんですが,・・・確かに味が濃厚.

 おいしかったので,すぐに飲み干しました.


 ここで,いつもの癖.

"包装がすんなりと捨てられない".



 白バラコーヒーは,鳥取県の大山乳業農業協同組合製造のいわば鳥取県の地域ブランドです.彼らが一体どんな思いで,白バラコーヒーという名をこの商品につけたのか,思いをはせてしまいました.

 白いバラと牛乳をかけているのでしょうか?確かに,白いバラと純白の新鮮かつ濃厚な牛乳類とは,イメージがマッチするような気がします.

 鳥取県の大山発ですか・・・.大山と聞いて,中学生の頃にはじめて当地でミヤマカラスアゲハを採集したのを思い出します.


 ちなみにわたしは,白バラと聞くと美しさや濃厚さとは別に何か妙な印象も受けますが,これって気のせいでしょうか?

 バラの棘から何か連想してしまうのかな?


 ・・・まあ,いいや.

 いずれにせよ,白バラという地域ブランドとしてのネーミングは,成功しているような気がします.



 そういえば,以前業界のプロであるAさんにお話をうかがったとおりで,コーヒー牛乳は乳飲料なんですね.


a0146065_145252.jpg



 表記によると,コーヒー牛乳の原料につかっているのは,生乳(50%以上)らしいのですが・・・.


 ん?生乳?

 あれ?生乳と牛乳とは違うのでしょうか?

 というわけで,自分なりに調べてみました.


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

生乳:
 搾乳されたままの乳のこと.牛のオッパイから搾られ、空気に触れることなく殺菌処理したパイプを通って、バルククーラーと呼ばれる冷却タンクに入った乳.

牛乳: 
 工場において、生乳を”均質化”(ホモジナイズ),”加熱殺菌処理”したもの.

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


 ちなみにこの牛乳パックは,家でさんざん写真を撮影した後に,ようやく捨てることができました.自分でも変な癖だと思います.
[PR]
by athemus99 | 2009-12-06 01:50 | 飲み物

大阪名物「551の豚まん.でも,何故「551」なのか?

 同居している叔母からのおみやげです.

 大阪で肉まんといえば,この「551蓬莱の豚まん」だと思います.
 おみやげに喜ばれます.
 実際に,わたしが子供のころは親が買ってきてくれるおみやげの定番のひとつでした.


a0146065_1135915.jpg



 こちらが,商品の入った紙袋です.

 そして,


a0146065_1144658.jpg



 豚まんの入った箱です.なんだかモロに中華料理を感じさせるデザインですね.


a0146065_1152657.jpg



 ボリューム満点の肉まんです.さめていても,レンジでチンすればおいしくいただけます.


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


 ちなみに,何故「551」なのでしょうか?

 実は「551」の由来は,「551(ここがいちばん)」という語呂合わせから来ており,味もサービスもすべて「ここが一番を目指していこう」という蓬莱の会社としての目標をあらわしたもの(昭和20年頃の本店の電話番号が64-551であったということもあった)とのことです(551蓬莱ホームページより).
[PR]
by athemus99 | 2009-12-04 01:17 | おみやげ

ゴルフ場のおいしいお土産 - 黒毛和牛の肉じゃがコロッケ


a0146065_243318.jpg


 これは先日,父親が持ち帰ってきたおみやげです.先日・・・.そう,この記事の内容は,リアルタイムなものではありません.じゃあ,何でそれを日記に書くのかと問われそうです.

 実のことを言うと,このブログをはじめた動機のひとつは,今回紹介する「ゴルフ場のおいしいお土産」=あるゴルフ場で販売されているお土産用のコロッケにあったりします.そう,この写真に写っている包装パッケージをいたく気に入ってしまい.何らかの形で記録しておきたかったのです.そして,こういう記録を残すにはブログが手っ取り早いと思い,いきおいではじめました.

 冒頭の写真とは異なり,別角度から撮影した包装パッケージの写真もあります.


a0146065_252792.jpg



 何でかわからないが,この包装にぐっときました.

 ちなみに,これは「山の上ゴルフクラブ」というところで売られているお土産用のコロッケの包装らしいのだが,箱本体にはコロッケの文字がなくこの箱の中身がコロッケということがややわかりにくくなっています.上部に貼ってあるシールにコロッケと書かれているものの,この包装が主張したいことというのは,あくまで「ゴルフ場のおいしいお土産」のように見えます.それにしても,何故ゴルフ場でコロッケなのでしょうか?わたしはゴルフを全くやらないので,よくわかりません.一度だけ,プロの試合を観戦しにゴルフ場へ行ったことがあるのみです.



 で,箱の中身はというと・・・


a0146065_283293.jpg

a0146065_271094.jpg



 もちろん,本当にコロッケです.結構ビックサイズです.で,味の方は,本当においしかったです.わたし好みの粗挽きのパン粉の衣が特によく,見るだけでも食欲がそそられます.少し時間がたっていたこともあって衣が少しだけ湿気ていたのが残念です.是非,できたてのものを食べてみたいものです.



 しかし,クッキングペーパーにつつまれたこのコロッケを見ていると,わたしは何故か芥川龍之介のトロッコを連想してしまいます.主人公良平が土工から新聞紙に包んだ駄菓子をもらうくだりです(ちなみに,物語の中でこのお菓子は結局捨てられてしまいます).自分でも意味不明です.


 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 


 わたしは基本的に食べることが好きなのですが,同時にそれらの包装に何故か並々ならぬ思い入れを抱いてしまうことがあります.以前は,気に入った包装を手にすると,捨てるに捨てられなくなることさえあります(結局は,捨てますが・・・切ない気持ちになります).自分でも変な癖だとは思うのですが・・・.で,そういう気に入った包装をためこんでしまわないように考え出したのが,それらのパッケージを写真にとってしまうということでした.そしてできれば,写真がなくならないように保管しておきたい.・・・そんなわけで,このブログでは写真の保存も兼ねて,わたしが気に入った食品の包装についても時々紹介したいと思います.
[PR]
by athemus99 | 2009-11-29 02:11 | おみやげ
line

 徒然日記.主に,料理やグルメについて書こうと思っていますが,たびたび脱線するかも・・・


by athemus99
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
AX ASPアクセス解析
アクセス?ヘ
レンタル掲示板